水/ヒアルロン酸/ホスファチジルコリン/カルニチン/デオキシコール酸Na/アセチルヘキサプチド-8/パルミトイルペンタペプチド-4/ベンジルアルコール

販売用途容器形態内容量セット入セット入量
業務用バイアル瓶
スポイト別
10ml10本100ml


プロラボソリューションが新たに展開する「GRÒTTI(グロッティ)」は、1,500を超える医療機関で導入され、実績を持つ「近赤外線/一酸化窒素機器」です。

「GRÒTTI(グロッティ)」には専用液剤を使用します。
業務用として3種類(フェイシャルセルケア用/スカルプセルケア用/ボディセルケア用)の専用液剤があります。
また、ホームケア用としては、2種類(フェイシャルセルケア用/スカルプセルケア用)の専用液剤があります。

特に痩身メニューを取り入れているエステサロンのオーナー様におすすめのメニューが「ガンドル」というボディケアにアプローチする液剤です。

ボディセルケア用「Gandr ガンドル」とは?

まずはガンドルそのものがどういったものなのか、ご紹介していきましょう。

ガンドルはホスファチジルコリンをメインに、独自処方によって脂肪にアプローチします。
※ガンドルは化粧品登録が行われており、全成分を表示しています。

また、製造元も開示されており韓国の行政機関であるKFDA(食品医薬品安全処)からも認められています。エステサロンでも導入しやすく、きちんと品質性が保たれている製品だと言えます。

なぜ脂肪にアプローチできるのか?

なぜガンドルが脂肪にアプローチできるかというと、ガンドルの主成分であるホスファチジルコリンが脂肪にはたらき、排出を促すためです。
これによって脂肪のアポトーシス(自然死滅)を促し、脂肪の数を減少させていきます。

また、ガンドルには他にも「Lカルニチン」、ホスファチジルコリンの効果を相乗的に引き出す「デオキシコール酸Na」、塗るボトックスとも呼ばれる「アセチルヘキサペプチド-8」、コラーゲンの生成を促す「パルミトイルペンタペプチド-4」なども配合されています。
これらの成分が脂肪へとアプローチしてくれるのです。

ガンドルはCS BIO社と共同で開発された製品であり、イギリスで10,581人の患者を対象に利用されましたが、未だ副作用に関する報告例は挙がっていません。
GRÒTTI(グロッティ)とガンドルに関して気になった方は、ぜひプロラボソリューションまでお気軽にお問合せください。