ヒト幹細胞培養上清液とは?

ヒト幹細胞培養上清液

医療業界では時代の変化と共に様々な治療方法が確立され、症状を和らげたり、病気の根治を目指せるようになったりしてきました。
現在でも本格的な治療方法の確立化が期待されているものがいくつかありますが、特に注目を集めているのが再生医療の「幹細胞治療」です。

倫理的な問題はクリアされていないものの、幹細胞に関連する治療法として医療だけでなく美容現場でも活用できる方法が誕生しました。

培養上清液

そこに必要なものが、「ヒト幹細胞培養上清液」になります。
今回は、ヒト幹細胞培養上清液とはどういったものか、なぜヒト幹細胞培養上清液を使うと様々な効果が期待できるのか、詳しくご紹介していきましょう。

そもそも、幹細胞とは?

ヒト幹細胞培養上清液を解説する前に、まずは幹細胞がどのような細胞なのかを知っておく必要があります。
人間は約37兆個にも及ぶ細胞が組織を作り、構成されて作られています。

細胞にも様々な種類がありますが、その中でも組織や臓器を作る時に欠かせないのが「幹細胞」です。
幹細胞には大きく2つの特徴を持っています。

幹細胞
まず、1つ目の特徴は自身が幹細胞でありながら他の細胞に変わる(分化する)ことができる機能です。
この機能によって幹細胞は血液に関する細胞や臓器・組織を作るための細胞、皮膚を作る細胞など、様々なものに変化できます。

2つ目の特徴は、細胞分裂によって自身と同じ機能を持つ幹細胞を増やす自己増殖能です。
このように、普通の体細胞では見られない2つの特徴を持っているのが幹細胞となります。

幹細胞にもいくつか種類があり、分化できるものごとに異なります。
例えば、赤血球など血液を構成する細胞に分化できる造血幹細胞や各種神経細胞に分化できる神経幹細胞、筋肉に分化できる筋肉幹細胞があります。

また、場合によっては決められた細胞に分化するのではなく、より幅広く分化できる幹細胞は、多能性幹細胞と呼ばれています。
ニュースなどでも取り上げられて話題を集めた「ES細胞」や「iPS細胞」も多能性幹細胞に分類されます。

ヒト幹細胞培養上清液とは?

幹細胞は他の細胞に分化できる特徴と、自ら細胞分裂を起こして増殖することができるという特徴を持っているため、この機能を活かした治療方法の研究が進められています。
再生医療は主に幹細胞を活用した治療方法であり、幹細胞を取り入れることで病気や体に表れている症状を抑えるという目的で研究されているのです。

ただし、この幹細胞治療にはいくつかの問題点があります。
例えば、ES細胞は多能性幹細胞ということで様々な部位、様々な症状に対して有効的だと言われていますが、ES細胞は人間の元となる胚を使って作らなくてはいけないため、倫理的問題が生じています。

iPS細胞は胚を使っていないものの、まだまだ研究段階で治療方法に取り入れられるほどではありません。
また、幹細胞を直接注入してしまうことで何らかの副作用が生じてしまう可能性もゼロではないのです。
このように、高い効果が期待されている幹細胞治療ですが、実際は問題点もまだまだ多く、完全に確立されるまでは時間がかかってしまうでしょう。

実は、これらの問題をクリアしており、幹細胞の効果が得られる治療方法があります。
それは、ヒト幹細胞培養上清液を使った治療方法です。

ヒト幹細胞培養上清液
ヒト幹細胞培養上清液とは、その名の通り人から採取した幹細胞を培養し、その時の培養上清液を言います。
培養上清液というとあまり良くなさそうなイメージを考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。

しかし、幹細胞を培養し増殖させるためのものなので、人体と似たような成分で作られており、安全性も高くなっています。
また、幹細胞を培養するとたくさんのサイトカイン(成長因子)を分泌します。

サイトカイン(成長因子)は、細胞に働きかけて動きを活性化させるためのカギとなる成分になります。
人間本来が持っている機能をさらに向上させられるものなので、化学的な医薬成分で効果を出すよりも安心・安全に利用できるでしょう。

ヒト幹細胞培養上清液に含まれているサイトカイン(成長因子)

サイトカイン(成長因子)について上記で少しご紹介しましたが、サイトカインはあくまでも総称を指しており、様々な成分があります。
どのようなものがヒト幹細胞培養上清液に含まれているのか、ご紹介していきましょう。

EGF

アミノ酸53個から構成されるEGF(上皮細胞成長因子)は、主に皮膚細胞に働きかけて代謝を活性化させます。
新しい肌への生まれ変わりが期待できるため、アンチエイジングにもおすすめの成長因子です。

FGF

FGFは線維芽細胞成長因子と呼ばれているもので、肌の土台を作る線維芽細胞の働きを活性化させてくれるものです。
線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンといった肌のハリには欠かせない成分を作り出す細胞なので、美容面への高い効果が期待できるでしょう。

KGF

KGFは毛を作り出す毛母細胞に働きかけて、活性化させてくれる作用を持っています。
毛母細胞に働きかけるということは、毛が作りやすい環境へと変化するため、髪の増量にも期待できます。

VEGF

VEGFは血管内皮細胞成長因子とも呼ばれており、血管内皮細胞に働きかけて新しい血管を作り出すことができます。
新しい血管ができるということは、血液から細胞に酸素や栄養素を送り届けやすくなるということになります。

IGF

IGFはインスリン様成長因子と呼ばれているもので、その名の通りインスリンと似た構造を持っています。
構造だけに留まらず、実はインスリンと同じような作用を持っており、IGFを投与することで糖尿病への有用性が期待できます。

PDGF

PDGFは血小板由来の成長因子であり、線維芽細胞自体の増殖を促してくれます。
線維芽細胞は先程もご紹介したように、肌の土台を支える重要な細胞です。
そんな線維芽細胞を増殖させるため、若々しい肌づくりをサポートできるでしょう。

TGF-β

TGF-βは様々な働きをしてくれる成長因子で、例えば骨芽細胞の増殖をサポートしたり、コラーゲンなど結合組織の合成・増殖を促したり、上皮細胞の増殖も促したできます。

ヒト幹細胞培養上清液にはこれらのサイトカインが豊富に含まれているのです。

ヒト幹細胞培養上清液はエステサロンでも活用できるのか?

エステサロンには医師が在籍していないため、効果は高くてもリスクのある方法を取り入れることはできません。
例えば脱毛においてもクリニックとエステサロンでレーザー脱毛と光脱毛に分かれるのは、レーザー脱毛が火傷などのリスクが高いためです。
では、ヒト幹細胞培養上清液もエステサロンでは活用できないのでしょうか?

結論から言えば、GROTTI(グロッティ)であればヒト幹細胞培養上清液をエステサロンでも有効活用できます。
※GROTTI(グロッティ)は医療機器ではありません。

「GROTTI」お問い合わせはこちら

通常、クリニックで行われている治療方法はヒト幹細胞培養上清液を気になる部位に注入、もしくは点滴で体内に取り込めますが、エステサロンではそのような方法が取り入れられません。

グロッティ
しかし、GROTTIを使えば近赤外光と音響振動によってヒト幹細胞培養上清液を、肌の奥までアプローチさせることができるのです。

ヒト幹細胞培養上清液は今後さらに注目を集めていくことでしょう。
エステサロンではなかなか取り入れられないと思われてしまうかもしれませんが、GROTTIによってヒト幹細胞培養上清液が持つ高い効果を得ることができるのです。
ぜひエステサロンのメニューにヒト幹細胞培養上清液を使った施術を組み合わせたいという方は、プロラボソリューションまでご相談ください。

Related article

  1. ヒト幹細胞 エステ

    エステでもヒト幹細胞を活用できる

  2. グロッティ エステ 効果

    GROTTIを用いた【ヒト幹細胞培養液】エステでの効果は?

  3. 培養上清液

    GROTTIと幹細胞培養上清液を活用した再生医療の違い

  4. 再生医療とは

    再生医療とは